【ToS】メンテで暇だから

103: 名無しさん
メンテで暇だからストーリー調べてたらアガイラ・フラリーって弟子一人除いてヘルガセルクルに皆殺しされてるんだな
このゲームストーリーは結構面白いわ

104: 名無しさん
>>103
ミルティスとかいう失敗ばかり重ねてギルティネからの評価も低く最後は鉱夫に封印された魔将の面汚し

109: 名無しさん

>>103
アガイラ・フラリー

史上最強のウィザードと呼ばれる。メイバーンの最後の弟子。
メイバーンに弟子入りした同じ年に女神の啓示を授かる。
啓示の守護と自身の研究のために、魔術師の塔を建設した。

魔法学に多大なる貢献をしており、史上唯一すべてのウィザード系のマスターを兼職した人物である。

アガイラ・フラリーの持つ啓示は魔将ヘルガ・セルクルに狙われており
ヘルガ・セルクルの幾度もの侵攻により、弟子のほとんどを殺害されている。
後継者を育てることができず、魔術師の塔の管理を女神ガビヤに依頼した。

また、アガイラ・フラリーは、ギルティネの計画を阻止すべく、魔将ホーバークと契約を結んだ。
契約の内容は、ホーバークに力を与える条件として、幻想図書館に入れるようにするというもの。
しかし幻想図書館にてギルティネと遭遇したホーバークは、ギルティネの怒りを買い、ヘルガ・セルクルによって魂を引き裂かれた。
アガイラ・フラリーは秘密裏にナルバス寺院をたった1年で建設し、引き裂かれた3つのホーバークの魂を封印した。